« 法政二高で研究会 | Main | 神奈川大学へ行って »

October 24, 2006

コンパクトフラッシュの速度を比べてみる

ちょっと思い立って、コンパクトフラッシュの読み書き速度を比べてみた。

計測ツールは、HDBenchを使った。これしか知らない。100MBのデータでやってみた。システムのキャッシュについては、特に設定変更をしていない。
比較したのは、バッファローのRCF-Xというシリーズの512MB、ハギワラのCFI-1G02DG、それに今日買ってきた、Lexarの2GB133倍速WAというものである。バッファローのものは普及品、ハギワラのものはディジタルカメラ用ではなくコンピュータ組込み用、Lexarのものはプロユースのディジタルカメラ用ということになっている。
PCとの接続は、USB2,0のカードリーダーを用いている。メーカー不詳、システムからは Generic USB CF Reader USB Device として見えている。

結果であるが、読み出し速度はほとんど変わらなかった。これに対し、書き込み速度は、2割程度の違いはあった。大容量のものの方が高速であった。
この結果が、ディジタルカメラで使用する場合と似たものであるとするならば、撮影時(書き込み時)の使用感が違ってくる、というほどのことはないように思われる。

ところで、フラッシュメモリを用いた製品は、国内ではバッファローなどが強く、Lexarというメーカー名はあまり一般に広く知られてはいない。USBメモリでも、Lexarのものは、ほとんど見かけない。

それが、昨日、法政二高で英語でのプレゼンテーションをした生徒のうちの1人は、LexarのJumpDriveを使っていた。会議室で、発表用のノートPCにUSBメモリを差したところ、ドライバが読み込まれるのに少し時間がかかり、新しいデバイスとしてJumpDriveという名が表示されていたので、それがわかった。
この生徒は、アメリカでの研修中に、基板やIC、リード線などと共に、このUSBメモリも買ったのだろう。英語でのお買い物である。そして、北米で強い、Lexarのものを入手し、それを使いながら、プレゼンテーションを磨き込んだのだ。

私の手元にある、無駄に大容量だとも言える2GBコンパクトフラッシュ。これに比べ、あのJumpDriveは、同じLexar製フラッシュメモリデバイスながら、ずっと、幸せなのかも知れないな。

|

« 法政二高で研究会 | Main | 神奈川大学へ行って »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69195/12418797

Listed below are links to weblogs that reference コンパクトフラッシュの速度を比べてみる:

« 法政二高で研究会 | Main | 神奈川大学へ行って »