« 日本ローカルな規格 | Main | 画像の色数とサイズ、ファイルサイズ »

September 20, 2006

映画「トリノ、24時からの恋人たち」

代休の2日目。

3連休をつぶして出勤するのは、家庭をもっている者にはきつい。
ただ、その代償として与えられる平日の代休は、これはこれで、貴重なものとなる。

今日は、出かけて、まず映画を見た。「トリノ、24時からの恋人たち」である。
イタリア北部の町、トリノで暮らす若者たち。映画博物館の夜警としての職を得て、夜ごとに収蔵品を鑑賞しながら、好きな映画の世界に浸る男。アルバイトで暮らしながら、夢を追っている(?)女。自動車泥棒などをしながら仲間と生きている男。彼らが、出会い、関わり、終末へむかっていく。
はじめの30分ほどは、何だかよくわからず、我慢して見ていた。それが、女が事件を起こすあたりから俄然面白くなった。
音楽はあまり私の趣味ではないが、映像は美しい。過去の名作映画のクリップや映画好きの男が手回しカメラで撮った動画がたびたび挿入されていて、構成的にも面白い。コミカルな場面もあって、見ていて楽しい。
結末は、切ないものだと言って良いだろうか。ハンカチで目を押さえているご婦人も見受けられた。

そのあと、地下に移動し、「ピカソとモディリアーニの時代」展を見る。
アンドレ・ブルトンの本を買ったことでもあるし、シュールレアリズムのことが美術の面から少し分かるかなと思ったのだが、その点に関しては期待はずれであった。
いや、出展されている作品がどうの、ということではない。私の理解力の問題である。

|

« 日本ローカルな規格 | Main | 画像の色数とサイズ、ファイルサイズ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69195/41565023

Listed below are links to weblogs that reference 映画「トリノ、24時からの恋人たち」:

» 劇場『トリノ、24時からの恋人たち』 [映画ダイエット]
原題:『Dopo Mezzanotte』(きっとイタリア語) 監督&脚本&製作:ダヴィデ・フェラーリオ 出演:ジョルジョ・パゾッティ、フランチェスカ・イナウディ、ファビオ・トロイアーノ、フランチェスカ・ピコッツァ、シルヴィオ・オルランド他 舞台がトリノだから、トリノオリン..... [Read More]

Tracked on September 26, 2006 at 00:45

« 日本ローカルな規格 | Main | 画像の色数とサイズ、ファイルサイズ »