« 関東大会 その1 | Main | 11gでつながった »

August 26, 2006

関東大会 その2

その1では運営について書いた。今度は中身について。

私には、研究発表の時間帯が、一番よかった。

時間帯1 第一会場 「ショートムービーの作成と活用」(所沢高 西澤廣人先生)
 西澤先生が前任校の所沢西高校で行ってこられた実践の発表であった。さまざまなムービー作成ソフトウェアを生徒実習で使わせ、今風のしゃれたムービークリップを作らせていたとのことであった。
私も Windows ムービーメーカーでムービークリップをつくらせる実習を取り入れたことはあるから、ここまでやらせている西澤先生の発表には、大いに触発された。

時間帯2 第三会場 「夏休みの「短期集中講座」とインターンシップ受け入れの実践報告」(横浜清陵総合高 五十嵐誠先生)
 五十嵐先生とは、情報部会で一緒に仕事をしている間柄である。そして、折に触れて、現状の問題を指摘する意見を投げかけられてはいた。しかし、どうもそれらは、私の頭の中で像を結ばないというか、現実感・切迫感をもって受け取ることができないでいた。
 この発表で、はじめて、五十嵐先生がここ数年間にたどってきた教育実践をまとめた形で聞くことができた。外的・内的環境が厳しい中で、よくここまで、これだけの実践を、またご自身の勉強を積み重ねて来られたものだと、あらためて感銘を覚えた。そして、なるほどこういう場にいてこういう生徒や大学生に接してくる中で、現状の高校教育や大学生のサポート体制について意見を述べていらっしゃったのかと、やっと、理解することができた。

時間帯3 第四会場 「より良い授業を目指すためのWeb上での情報交換と教材等の共有について」(科学技術高 能城茂雄先生)
 能城先生と言えば、都高情研のオープンソースに関するオーソリティーとして名前が聞こえている。どんな方なのだろうと、その人となりを見るために、この分科会に行ってみた。
 そこに立っていたのは、司会者が開会を告げる前から、出席者に向かってどんどん話をしていく、想像(と方向性は違っていなかったが、それ)以上にバイタリティあふれる方であった。
 発表の内容は、要するに、授業する上でのあれこれの情報を、みんなで出し合って共有しましょうよ、というもの。こういうものを、飲み会の席などでの話に終わらせず、実際にシステムをつくりあげて運用してしまうというところがすごい。そのサーバが自宅サーバであるというところもまた。

時間帯4 第二会場 「Webメール(SING online)の活用事例」(武蔵村山高 福原利信先生)
 この話は、福原先生から雑談の中で直接お聞きしたことがあったのだが、まとまった形で聞いておこうと思って、足を運んだ。
 武蔵村山高と私の勤務校とは、生徒の状況などに共通する部分があるのではないかと思っている。そこで実際に運用されている、業者の提供するサービスをつかっての生徒への情報伝達システムについて、その現状を詳しく知ることができて、ためになった。勤務校でも、すぐにでも導入したいところである。

以上、30分ずつ4本の発表を聞いた。寝不足、そして昼食後という条件だったのだが、眠くなるどころか、面白くて面白くて、本当にあっという間に2時間がたってしまった、という印象であった。

基調講演とパネルディスカッションについては、省略する。

|

« 関東大会 その1 | Main | 11gでつながった »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69195/11638189

Listed below are links to weblogs that reference 関東大会 その2:

» 関東地区情報教育研究大会 in埼玉 [ネットで教科「情報」日記]
今日は埼玉県まで出張です。朝7時過ぎに家を出るとものすごい雨、最寄り駅まで行くだけで 靴の中まで濡れてしまうほど。 電車で、新宿→(埼京線)→大宮→(東武野田線)→八木崎と乗り継いで、大会会場の春日部高校に到着しました。 9時過ぎに到着しましたが、会場はすでに係の方々でいっぱい。今日の大会への熱気が伝わってきました。 春日部高校は伝統がある高校のようですが、施設もすごく立派な学校です。最初に基調講演が行われましたが、ホールの立派なこと。ピアノのリサイタルくらいなら十分できるほど、きれ... [Read More]

Tracked on August 31, 2006 at 01:48

» 関東大会第2回 [Yansen 教科情報 BLOG]
関東地区情報教育研究会合同研究大会第2回埼玉大会へ行く. ・「21世紀をはぐくむ教科「情報」の在り方」 最初,言葉の定義がすっと入ってこなかったので苦労したが,分かった後はおもしろかった. ・「ショートムービーの作成と活用」 去年働いていた学校での課題にはとても使えるソフトかもしれない. ・「情報科で取り扱うインターネットの匿名性」 今の高校生は,生まれたときから携帯電話やインターネットがある世代に入ってきている.そんな生徒に対して「現実世界と違って,文字だけのコミュニケーシ... [Read More]

Tracked on September 01, 2006 at 16:26

« 関東大会 その1 | Main | 11gでつながった »