« リンク元は桐の掲示板 | Main | スズムシの鳴き声 »

August 06, 2006

ふしぎ大陸南極展2006

また国立科学博物館へ行き、ふしぎ大陸南極展2006を見てきた。

このところ、科博の特別展は、いつも入場券を買うところから行列しているという混雑ぶりであった。
今日も、夏休み中の日曜日ということで、人出を予想し、あらかじめローソンの端末で券を入手しておき、また、早めの時間に行ってみた。そうしたら、思ったほどの混雑ではなく、見たい物は見られたし、触りたい物は触ってくることができた。

Antarcticawear展示は、白瀬中尉の業績から。国による補助がほとんどなく、帰還からの後半生は講演活動などでひたすら借金を返済する生活だったのだという。そういうことははじめて知った。
「宗谷」はリアルタイムでは知らないのだけれど、「富士」は懐かしかった。毎年、季節になると、南氷洋上の「富士」の位置が毎日テレビニュースで報道されていたものだ。氷に閉じこめられて動けなくなった「富士」をソ連の砕氷船が助けに来てくれたりしたが、ああいうことは、共産圏の国々に対する国民の感情を、ずいぶん和らげていたのではなかったかと思う。
いや、そういうことは、展示にはなかった。単なる思い出話である。

写真は、南極観測隊が使った防寒服を、私が着てみているところである。
これを着て、昭和基地あたりの風景を背景にして立ち、記念写真をとってくれるコーナーがあった。キヤノンと提携し、その場でプリントしてくれるサービスもあった。

一万年前の、氷河の氷が置かれていて、触ってみることができるコーナーもあった。娘は、「普通の氷よりも冷たい」と言うのだが、…。まだ、物質としての水の融点という概念はあやふやなようだ。

Tyrannosaurusegg昼食は、だいぶ並んで待った後に、科博内のレストランでとった。これは、名物「ティラノザウルスの巣ごもり」。要するにスコッチエッグである。

夏休み中のことで、自由研究のヒントとなるようにと、展示や相談の特別コーナーもあった。

渋谷へ回り、ブックファーストで夏休みの工作の参考書を買って、東急ハンズで材料を買いそろえてやり、帰宅。

|

« リンク元は桐の掲示板 | Main | スズムシの鳴き声 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69195/41565022

Listed below are links to weblogs that reference ふしぎ大陸南極展2006:

« リンク元は桐の掲示板 | Main | スズムシの鳴き声 »