« June 2006 | Main | August 2006 »

July 30, 2006

教科「情報」大学入試フォーラム

本日2本目。

教科「情報」大学入試フォーラム -教科「情報」の大学入試はどのように実施されたか- と題するフォーラムに行ってきた。主催は教育システム情報学会 情報教育特別委員会である。
場所は神田の専修大学、「専大前」交差点は知っていたけれども、専修大学そのものの場所は知らなかったし、だから、入るのも初めてであった。
内容に興味があったのはもちろんだが、神奈川から部会長の間辺先生がパネラーとして出るので、その私設応援団のつもりもあって行ってみたのである。

内容は、まず、千里金蘭大学の高橋参吉先生から、今春行われた、大学入試の教科情報の様子について分析する講演があった。わかりやすい話であった。
パネルディスカッションは、情報科を入試科目として出題した3大学の先生と、高校から間辺先生、それに大阪から木村信司先生の5名のパネラーで行われた。

いろいろな先生の、それぞれの立場からの話を聞いたわけだが、やはり、大学側の本音といったものを意識せざるを得なかった。つまり、受験者人数を確保する効果、ということである。
ただ、教科情報が入試科目となることで、現在ばらばらな状態にある高校の情報科の内容が、標準的内容を持つものにまとまってくるのではないかという話は、高校・大学それぞれの立場から、良い意味で活用していかなくてはならないと思った。

パネルの途中で、質問事項を小さな紙に書いて出すようにということだったので、かねてから問題と思っていることを書いてみた。

情報科を入試科目として科すということは、数学や物理のテストでは測れない学力を測るのだということなのだと思いますが、そうなのでしょうか?医学部で保健を入試科目としているという話は聞かないのですが。

そうしたら、これが取り上げられて、読まれた。
大学の先生方からのコメント。
  1. 受験生のさまざまな能力を見る、選択肢の一つとなると考える。
  2. 例えば数学が不得意でも情報科の授業には何とかついてこられる。そういう学生に与えるチャンスになる。
  3. 物事を論理的に見る力を測る科目としては情報科は最適なのではないか。

うーむ。。。

実は、東京農工大のチームから情報科を入試に取り入れることについて3冊におよぶ報告書が昨年出ていて、そこに、この点について農工大の考える回答がすでに載っているのである。それは、上記3つとは全然違ったものであった。

これについては、また後日、続きの記事を書くかも知れない。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

論理的な表現力を養うには

先ほど、朝日小学生新聞編集部あてにメールを送った。その全文である。


朝日小学生新聞編集部 御中

はじめまして。子どもの読者からのメール発信を期待しているであろうしくみを使って、大人が意見を述べるのは気が引けるのですが、一言申し上げたく、キーボードを叩いております。
私は、小学四年生の子どもの父親です。貴紙を、小学校入学のすこし前からずっと読ませております(もっとも、マンガしか見ない日が多いのですが)。また、私自身、小学生のときには貴紙を愛読しておりました。

さて、貴紙に対しては、もちろん好意を持っており、だからこそ、自分の子どもにも定期購読で与えてきております。

しかし、本日付紙面のトップ記事には、非常に落胆を感じました。

「夏休みにつけようことばの力」という大見出しで、全国の学力調査の結果を報じており、その中の「論理的に考えたり、表現したりすることが苦手」という部分をとらえていますね。賛成です。私も、そこのところは、今日の日本の学校教育で、弱点として抱えている問題だと認識しております。
しかし、「効果的な学習法は」「作文編」に書かれていることは、いったい何なのでしょう。「ねらいを持って書く訓練を」は良いとして、「感動の場面をまとめてみる」という小見出しが付いています。そして本文には、

 (1) 読書感想文 (中略)あらすじはコンパクトに、自分が感動したところなど、自分と本とのかかわりの部分はふくらませる。 
 (2) 観察文 (中略)ひとつの対象を細かく、さまざまな角度から見てことばにする訓練になる。絵日記風にしてもよい。
 ほかにも、「この夏休み、一番心にのこった日、感動した場面などをことばにのこしてみましょう」 

などと書かれています。

これは、まさしく、伝統的な日本の国語教育、それも、こういうことをやっているから、日本人は論理的な表現力が育たないのだと批判されてきている、そのままの内容です。今日の記事の趣旨からすれば、当然、こういうことを学校でしていてはいけないのだ、という論理の流れにならなくてはならない。それなのに、せっかく貴重な問題提起をしておきながら、このような、旧態依然たる、感動を伝える文章を書くおすすめが掲載される。これは、いったいどういう事なのだろうか。
非常に不思議であり、また、極めて残念に思います。

Web上には、たとえばこのような文書があります。
http://www.bunka.go.jp/1kokugo/16_tokyo_6-4.html
これは、つくば言語技術教育研究所所長の三森ゆりかという方が、平成16年度の文化庁日本語教育大会、日本語教育研究協議会の第4分科会で「年少者への日本語習得支援の関係者を支える知識・技術・心構え」と題して行った講演の記録です。日本人が論理的な表現を不得手としていることが、ご自身の海外生活での経験をふまえながら、大変興味深く、説得力を持って表されています。
こういったテキストを読んだとき、貴紙の記事中にある、世田谷の校長さんの話が、何とうすっぺらく見えることでしょうか。

私は、本職は化学の教員ですが、ここ数年間は、情報教育の方にかかわっています。そこで、「伝える」ということに力点を置いて活動しています。小学校以来、ウェットな感性にこだわった国語教育を受けてきた子どもたちに、きちんと物事が伝わるテキストなりWeb Pageなりポスターなり、そういうものを作らせる実践をしています。
そして、貴紙のような影響力のあるリーダー的メディアには、ぜひとも、旧来の悪習を正していくようなコンテンツを掲載した紙面をつくっていただきたいと考えているところです。そのため、このような文章をお送りしようという気になりました。

何卒、拙文の意をお酌み取りいただきたくお願いするとともに、失礼の段をお詫びして、結びといたします。


さあ、返事が来るだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 28, 2006

桐は良いソフトかもしれない

中2日をおいて出勤。今日はひたすら桐をいじって、調査書をつくっていた。

それで、わずか数日間の経験からなのだが、この桐というソフトは、なかなか良いものなのかもしれないと感じている。

何しろ、操作していて、ストレスが少ない。妙な動きをしない。何でそうなるの、もう~!?という感じがないのである。少しずつ、着々と覚えていける。
そして、DOS版のころからの機能をきちんと受け継いでいる(らしい)上に、Windowsの標準的なオペレーション方法がだいたいサポートされているので、さっと進んでしまいたい場面できっちり省力化できる。新しく覚えることがらに集中できる。
こういった点は、Macintosh版から移植されているグラフィック系のソフトをさわっているときのイライラ感を思うとき、非常に優れていると言えよう。

私はかつて、
「桐の一括処理って要するに2バイト文字マクロでしょう、そんなのかっこ悪いじゃないですか」
などと公言していた。認識を改めなくてはならないと思う。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

July 27, 2006

変形菌

と聞いて、おわかりになるだろうか。粘菌やホコリカビとも言い、原生生物の仲間である。

今日、所用の合間に神奈川県立生命の星・地球博物館に立ち寄った。常設展をゆっくり見る時間はなかったのだが、何か特別展でもやっていれば、と思って行ってみたのである。ここの特別展用スペースは狭く、軽くて面白い展示がよく行われている。
そうしたら、ちょうど、ふしぎな生きもの菌類 ~動物?植物?それとも?~ と題する特別展の開催中であった。

この展示では、いわゆるキノコやカビについても一応は扱っていた。しかし、力が入っていたのは、変形菌についてであった。
変形菌は、地味な生き物である。比較的、私たちの暮らしと身近な生物だと言って良いのだろうが、なにしろ目立たない。
ただ、朽ち木や落ち葉などの表面に現れて子実体を形成しているところなど、私はときどき目にしたことがあった。これは何だろう、ぽやぽやっとカビが立ち上がって胞子のうをつくっているようだが?と思いながら、そのままにしてきた。あれは、変形菌の子実体だったのだ。

こういうことがらについては、若い頃は、あまり興味が持てなかった。そんなへんてこな生物を分類・記載して、何が面白い?くらいに思っていた。
しかし、この頃では、ふんふん、そんな生き物もいるのかぁ。と、展示をそれなりに面白く見ることができるようになってきている。

お約束で、南方熊楠の逸話などについても展示があった。

子ども向けの工作コーナーがすいていたので、折り曲げると次々に変形菌のイラストがでてくるような、折り紙というか紙芝居というか、そういう切り貼り細工を一つやって、出てきた。

ところで、なぜ伊豆箱根鉄道バスはバスカードが使えないんだ!?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 24, 2006

ノート機のHDDを交換したい

仕事用の携帯メイン機。FMV-670MC3である。
まる2年間使い込んできて、Cドライブの空きがもう数百MBという状態になっている。
ソフトウェアを新規に入れるときはDドライブを使うようにするなど工夫しているが、そろそろ限界が近い。どうにかしなくては。

どうにかする、というのは、具体的には20MB(訂正7/28) 20GBの内蔵ドライブをより大容量のものに換装することである。
そのための買い物をしてきた。

Hdn40hv

ソフマップ横浜店にあった、開封アウトレット品。5400rpmの40GB。未使用かどうかは怪しい。移行ツールが付いているのだが、1スピンドルのノート機で使えるのかどうか。
箱を開けたら、日立のドライブが出てきた。ちょっと嬉しい。

新品の市価の半値程度であったが、その通りに2倍のコストパフォーマンスを発揮させることができるか、失敗してドライブやマシンを損傷してしまうか。
この手の小型ノート機の改造は難易度が高く、実は私は、まだこのマシンを開けたことがないのである。

調査書作成が一段落したら、(意を決して)やってみよう。コネクタ逆差し注意だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 18, 2006

桐9体験版をインストール

いよいよ、3年生の調査書作成にかからなくてはならない。

勤務校では、成績処理から調査書、要録まで、桐でつくっている。その、調査書の部分が、私の担当となっている。
しかし、私のマシンには、桐は入っていない。学校で買っているライセンス数では、私の私物までは回ってこない。かといって、個人で買ってしまおうと思う値段でもない。
しかたがない。勉強のために買った、「Excel 2000/2002ユーザーのためのデータベース桐入門」国友正彦 についていた、体験版CDを使ってインストールした。

これは、試用期間が90日間ということになっている。10月までである。その後はどうなるのだろうか、見通しは立っていない。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 17, 2006

関東組織準備会

埼玉県立春日部高校で、今年の関東大会が行われる。
今日、その会場の下見を兼ねて、関東組織の準備会が開かれた。

Kasuko

ものすごく立派な施設に、驚かされた。むろん、埼玉県立の高校がみんなこんな風になっているわけではないのだろうが、他県では、こうやってお金をかけるべきところにはかけているのだなあ、とうらやましく思った。
当日は、400人収容の音楽ホールをお借りして、全体会とパネルディスカッションが行われることになる。

関東組織、および関東大会の日程について、かなり細かいところまで打ち合わせをした。

終了後、学校のすぐそば、かつ、八木崎駅のすぐそばという立地のお店で、暑気払い。
春日部高校の校長先生も同席してくださった。

帰宅は、東武線と東京メトロ、東急線と5回乗り換えの経路をとった。さすがに時間がかかった。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

July 16, 2006

Valuestar NX に Linux を入れる

2月5日の記事に、NEC VE30H/5 に Linux が入らなかったと書いた。インストールの途中で引っかかってしまい、ディストリビューションを変えてみてもだめだった。

それ以来、放りっぱなしになっていたのだが、ちょっと再トライしてみようかという気になって、Web上の情報をさがした。
すると、古い(このあたり?)NX に Linux をインストールしようとして失敗するときは、BIOSでUSBレガシー機能を「使用しない」に設定してみるとインストールできるようになることがある、という記述を見つけた。この項目は、「メイン」の「キーボード機能」の中にあり、デフォルトでは「使用する」になっているようだ。

で、私のマシンでも「使用しない」に設定してみたら、今までずっと引っかかって失敗していたインストール作業が完了まですすんだ。

メモリは256MBに増やしてあるが、CPUが Celeron 300A である。Gnome のFedora Core 4 がよたよたと動く。
これはまあ、入ったというだけである。実用になる動作状況ではない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 14, 2006

Excelのマクラ

マクロではない。枕。前振り、導入部の話のことである。

情報Aの一学期末、消化試合。二学期前半の内容がExcelの実習となっているので、ちょっとその小手調べをやらせることになった。
ここで、「ほらこんなことができますよ、それではみなさんもやってみましょう」では、それこそ町のパソコン教室以下だとのそしりを受けることになりかねない。
そこで、私の担当している2クラスで、試験的に、表計算ソフトがどのようにして生まれてきたのかという話をしてみた。
以下、そのおおざっぱな内容である。

  • 表計算ソフトは、ダン・ブルックリンが、ハーバード大学ビジネススクールの学生のときに考え出した。
  • 当時のハーバードのビジネススクールでは、企業の経営を分析するために、いろいろな要素の数値を変えてみては結果を調べるという授業が行われ、学生は、そのために必死に電卓を叩いていた。
  • ダンは、ある数値を変えると結果がすぐにそこに出てくる黒板のようなプログラムが欲しいと思った。
  • そして彼はプログラミングの素養があったので、自分の夢をプログラム可能な形に記述することができた。
  • 友人とプログラミングを行い、ビジカルクというソフトに仕上げて販売し、大もうけした。そのプログラムが動くアップルIIも非常に売れた。
  • そのころ、IBM-PCが出てきて、売れ始めた。ビジカルクの発売元は、ビジカルクがIBM-PCでも動くようにしてほしいと願ったがダンたちはそれをせず、互いに訴訟の応酬となった。ダンは裁判に勝ったが、訴訟費用ですっからかんになった。
  • ビジカルクを尻目に、IBM-PCとその上で動くロータス1-2-3がどんどん売れるようになった。
  • さらにその後、ロータス1-2-3に代わってExcelの時代となっている。
  • 表計算は、もともと、経営分析のためのツールである。一般の人は、マス目の文書を作ったり、せいぜいちょっとした集計に使うくらいだが、それは、本来の使い方ではない。

これを扱った2クラスのうち、出たとこ勝負で記憶だけをたよりにしゃべったクラスの方がよく乗って聞いてくれた。これに反し、細かいところを調べ直して注意深くしゃべった方のクラスでは、眠ってしまう者が続出した。

やはり、授業はライブである。下調べをきちんとすればいいというものではないようだ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 13, 2006

「著作権の発生」

1年の情報Aのテスト。ある作品に著作権が発生するのはいつか、という問い。
答えは、「その作品がつくられたとき」である。
しかし、以下のような答えが、数名から。

「他人の作品、ホームページなどに、その作品が断りなく使われたとき。」

初めて見たときは、これは一体、何をどう勘違いした答えなのだろう、と思いながら採点していた。しかし、同様の解答がいくつも出てくるに及んで、考え込まざるを得なかった。

勤務校の授業では、名刺作りの単元で著作権を扱っている。放っておくと、ミッキーマウスだとかドラえもんの絵を描きがちな生徒たちに、そういう他人が権利を持っているキャラクターを使ってはいけない、それは著作権の侵害になる、と教えている。
そうしていたら、著作権というものは侵害されたときに発生するものなのだ、と受け取った生徒がある程度出てしまった、ということだ。

もちろん、著作権について、型どおりのことはしゃべっている。だから、上記のような誤解は、非常に意外なものだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 08, 2006

セキュリティ機能つきUSBメモリ

ココログの操作が重く、ここ数日はまともに投稿できなかった。11日からまる2日間のメンテだそうで、その間は、本当に何もできなくなってしまう。


USBメモリが普及してきて、私も便利に使っている。そして、一方で、データのセキュリティについては、極めて慎重な対応が求められている。
そのため、セキュリティ機能付きのUSBメモリがあったら使ってみたいと思っていた。

7日、そういうものを1本、買ってきた。ADTECのAD-UMS512M/U2というもの。スリムタイプである。
これには、パソコンをロックする機能やデータの暗号化機能、パスワードでロックする機能があるのだが、それらを実現するためのソフトウェアは添付も内蔵もされていない。Webから落としてきて使う形である。

このうちの、パスワードでロックする機能を使ってみた。ソフトウェア(英語版である)をインストールし、パスワードを設定する。すると、それ以降、このUSBメモリをPCに差しても認識されなくなる。ソフトを起動し、パスワードを入れると、見えるようになる。
パスワードは、たしか6回失敗すると失効するようだ。本当に使えなくなりそうで、安全ではあるけれど、ちょっと怖い。

常用するPCには、このソフトを入れておけば良い。それでは、自分用以外のPCに移動して使うにはどうするか。
試しに、もう1本のUSBメモリにこのソフトを入れ、2本を差して、そのまま認識できる方のUSBメモリ内にあるソフトを起動してパスワードを入れてみた。すると、ロックしてある方が解除された。この方法で使えるようだ。

しばらく、いろいろやってみようと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 07, 2006

成績をつける

勤務校は、普通の三学期制をとっている。一学期の末をむかえ、期末テストも今日で終わり。成績処理の時期となる。

私が主担当となっている「文書デザイン」では、成績に入れる要素を大きく4つとしている。出席状況、タイピングスキルとその伸び具合、日々の提出物と作品の出来、期末テスト。これらをほぼ1/4ずつの重みをもつものとして成績を出すことにしている。生徒たちには、4月にそのように告げている。

それらの提出物であるが、紙媒体のものについては、極力、次回の授業には採点して返却するようにしてきた。だから、それについては大丈夫なのであるが、問題は、サーバにたまっている提出物や、タイピング練習のスコアである。これらのデータを一つずつ呼び出しては評価を付け、教務手帳に書き込んだり、直接Excelのシートに点数を入力したりしていく。その手間は、こうやってためてしまうと、かなりのものとなる。

幸いにしてテストが初日だったので、その採点は終わっている。Gさんと歩調を合わせている「情報A」の採点も済んだことだし、今週中に文書の方の作品を見てしまおうと思っていたのだが、終わらなかった。
また来週、消化試合の授業をしながら、継続である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 04, 2006

関東学院大学で

もう、いつのことを、何日付の記事で、実際にはいつ書いているのか、ぐちゃぐちゃになってきた。ニフティさん、しっかり頼みます。

Kantog13日、ワープロ検定を終えて、答案などを発送。その足で、関東学院大学へ向かった。
この日は、県立学校各校からネットワーク担当者1名出席の、研修会が行われたのである。その後の、大学側と高校側との懇親会の部分にだけ、おじゃましてきた。

会場は、新しい立派な建物であった。フォーサイト21とよぶらしい。
ここには、学生のための相談室や、教室、パソコン実習室、それに最先端かつ最高級の映像処理装置がいろいろと取りそろえてあった。
Kantog2
廊下と実習室の仕切りの壁はガラスで、金魚鉢状態。そこに、講義内容などがこのように貼ってある。

懇親会であるが、この研修会をセットした県教委サイド、大学の先生方・入試担当の方々、受講する側の一員としての私たち、という3つの立場から、忌憚のない意見交換が行われた。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 03, 2006

ワープロ検定

期末試験の初日。試験終了後、ワープロ検定を行った。
対象者は、2・3年生の文書デザイン選択者のうち受検希望者、および、授業を取っていないが受検を希望する者である。
検定は、日本情報処理検定協会のもの。ここは、困ることがあって電話で問い合わせをしても、いろいろと親切に対応してくれる。ありがたいと思う。
今回は、4級から準2級まで、29名が受検した。

私は、昨年度からこの検定のお世話に関わっているのだが、検定試験の進行は、昨年度に比べて、スムーズに進んでいるように見える。同席してくれた同僚も、昨年度とはタイピングの音が違う、と言っていた。
受検する級についても、たとえば準2級は、昨年度のこの時期の検定では受検者2名であったが、今年度は12名。受ける級が、上級へ大きくシフトしている。

ただ、これは本校の生徒に限らないのだろうけれども、受検する側の意識には、まだ課題がある。私が(生徒にとって)いやなことを繰り返し言ってきたこともあって、この検定は、より上のスキルを目指すための現段階の確認、自分の励みである、ときちんと認識できている者もいる。しかし、相変わらず、この検定で3級なり準2級なりをとれば、それで就職試験はバッチリであって、望みの事務職に就ける、そのように勘違いしている者がいる。
本当に評価してもらえる検定というのは、例えば、Microsoft Office Specialist(MOUS)であろう。こういうものは、難しいし、料金も高い。高校の現場を会場として実施することもできない。

そういう現実をきちんと教えながら、それでも、一歩ずつ進みたいという生徒がいれば、それなりのものを紹介して、励みにしてやる。普通の高校現場でできることは、現状、こんなものであろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 01, 2006

2進数、16進数

ココログのシステムが重い。私の回線からだと、夜間は投稿や保守など、作業ができない状態である。
これは、7月1日分の記事としておく。

6月30日、試験前に、私のクラスの情報Aが1時間あまった。
いつもはGさんが他のクラスでやっている内容をなぞって授業しているのだけれど、この余った時間には、実験的なことをやってみようかと思った。
それで、2進数と16進数をとりあげてみた。

もっとも、いろいろな条件・状況の制約の中、正面から説明してみても生徒たちには受け入れられない。楽しんで作業しながら、何となくいつのまにか、雰囲気をつかんでいる、という具合に持って行くのが良い。
それで、間辺先生のページにある教材をお借りした。

具体的には、まず、「ドット絵作成ボード(2色)」で、自分の顔を作らせる。しばらく楽しんで作業しているから、頃合いを見て、絵の右側にある数字や文字は何だろう?と注意を向けさせ、白黒のドット絵のデータは0と1の数字の列で表すことができることを指摘する。そして、16進数の紹介。
ここで、各自の画面をプリントアウトして集め、左側のドット絵を切り落としてからシャッフルして再配布、データをデコードして他人の描いた絵を復元しよう!と持って行きたかったのだけれど、プリンタの設定を注意して行っていなかったので、それはうまくいかなかった。
それでも、そのあとで「2進数学習ボード」や「指で学ぼう2進数」に取り組ませ、0と1の世界を見せたら、生徒たちはそれなりに興味深そうにしていたから、この1時間は、まずまず良かったと思っている。

この場を借りて、間辺先生に謝辞を申し上げます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2006 | Main | August 2006 »