« キャベツの花 | Main | 半ポンドから200gへ »

May 26, 2006

相手に合わせる

ずいぶん前、サッカー部の2人目or3人目の顧問をしていた頃。
主顧問の教員が、練習試合の会場でよく生徒たちに、

「相手に合わせてプレーするな」

と言っていた。これは、試合の相手チームの戦力、技量が読めてしまったときに、全力を出すことなく、あるいは自分たちのサッカーをやろうとしなくなることを戒めた言葉であった。

相手に合わせてしまう。
授業をしていて、ついうっかりすると、そういう姿勢を取りたくなることがある。そうすれば、何より、お互いに楽である。
しかし、そのような授業は、心ある生徒にとって魅力のないものであることは、言うまでもない。

今日は、情報部会の研究大会であった。ユニバーサルデザインについてのすばらしい講演を聴き、また、いつも会っているけれども会うたびに刺激をくれる情報科の仲間たちと話し合った。

そうして、相手に合わせてしまいそうになる自分を、軌道修正する。鈍磨しかけていく感性を、研ぎ直す。
さあ、月曜までに仕上げる仕事は、いくつあるんだ。がんばろう。

|

« キャベツの花 | Main | 半ポンドから200gへ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69195/10252558

Listed below are links to weblogs that reference 相手に合わせる:

« キャベツの花 | Main | 半ポンドから200gへ »