« 長年の疑問 | Main | 名前解決 »

May 18, 2006

センタモニタはないけれど

勤務校の情報処理教室1。生徒用PCが40台。配置に余裕はなく、またモニタはCRTである。だから、2人に1台の画面提示用センタモニタを置きたくても、テーブル上には置くスペースがない。
むろん、その前に、予算措置の面からも、センタモニタシステムは無理な相談である。

それでは、どうやって生徒に画面提示をするか。
教員機から、生徒機のモニタを乗っ取って、教員機または特定の生徒機の画面を全員に提示する、という方法がある。これだと、生徒は自分の作業中の画面と見比べることができず、また、転送レートの問題で、動きがカクカクする。
そのため、今年から、スクリーンとプロジェクタを常設することにした。教員機を1台増やし、その画面を投影して生徒全員に見せる。これだと、生徒は自分の画面とスクリーンを見比べることができる。
しかし、40台の部屋であるから、工夫して設置しても、スクリーンから遠い生徒には見にくいことがある。

3年の、11人の選択クラス。作業スペースを確保するために、1台おきに席を指定している。
課題は、日検のワープロ検定3級の模擬問題。20分かけて、生徒たちは、作成を終えた。
1台おきであるから、使っていないPCが生徒の間にある。そこで、これらのマシンに、採点基準の用紙をカラーで取りこんだ画像ファイルを転送し、生徒に開かせた。そして、それと見比べながら、自分の作成した答案を直しなさいと指示してみた。

これは、よかったようである。画面を乗っ取ったのでは、私の指摘する事項を覚えきれないし、遠くのスクリーンで拡大してスクロールしながら見せられるのでも、自分の見たいところがよく見られるわけではない。ひとりで2台のPCを使えば、能動的に見比べながら作業することができ、何というか、生徒たちが自分から進んで行う姿勢が感じられた。

台数に余裕のあるマシンを活用してみた、というだけの話なのであるが、自分としては、コロンブスの卵であった。

|

« 長年の疑問 | Main | 名前解決 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69195/10136436

Listed below are links to weblogs that reference センタモニタはないけれど:

« 長年の疑問 | Main | 名前解決 »