« 夏みかんマーマレード | Main | 不良品をつかんだ »

April 16, 2006

名刺スキャナ導入

名刺スキャナを買ってきた。
PENPOWERという台湾メーカー製、加賀電子輸入販売の、WorldCardOfficeという製品である。
大して必要もないのだが、ごく安価だったから、例によっておもちゃ代わりである。

Cardscanner

名刺サイズ専用で、本体はこのようにコンパクトである。73g。600dpiの性能を持つ。USB接続。
ドライバを入れてから本体を接続し、再起動を2回ほど行うと、使えるようになる。
携帯用のソフトケース、巻き取り式USBケーブルなども付属している。

スキャニング、文字認識は、速い。また、次々と連続して名刺を差し込んでいけるので、とりあえずの作業は楽である。表、裏、表、裏と差し込んでいく操作で、両面印刷にも対応している。

OCRエンジンは、かなり優秀ではあるが、完全ではない。会社名や氏名など、大切な部分も結構認識ミスをする。もっとも、新聞や雑誌の紙面と違って、名刺というのはさまざまなフォント、独自のロゴタイプが使われているものだから、完全にノーミスで認識するというの非常に難しいことだろう。
そういう前提で、使い方として、紙面の記載事項すべてにミスがなくなるまで編集作業をしていくことは最初からあきらめた方が良いと思う。会社名や氏名といった、検索対象となる部分だけを確かなデータにしておき、実際に電話をかけたりメールを出したりするときには、保存されている名刺紙面の画像データを目で読み取るという使い方が良いだろう。それが効率的だ。

ここにある、40枚ほどの名刺が、少々の作業でデータベース化された。ノート機で作業をしたから、職場や出先でも大丈夫である。

明日、学校へ持って行って、名刺データを追加しよう。
もっとも、そんな暇は、今週はまだないかも知れないけれど。

(付記) ところで、エラーを起こす名刺というのがある。何回やり直しても、この名刺を読み込ませると、「○○が××のメモリを参照しました。」と言われてアプリケーションエラーになる。不思議である。

|

« 夏みかんマーマレード | Main | 不良品をつかんだ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69195/9627929

Listed below are links to weblogs that reference 名刺スキャナ導入:

« 夏みかんマーマレード | Main | 不良品をつかんだ »