« 宇治山哲平展 | Main | SCSI機器を廃棄 »

March 12, 2006

プレゼン評価

いよいよ期限が迫ってきたので、日曜の晩に評価をつけている。修学旅行のプレゼンである。

欠席が続いていた者などは別として、予定の授業時間に発表をした者については、ビデオ録画を撮ってあるから、それを再生しながら評価していく。授業中は、私は発表の進行で手一杯であって、同時に評価を付けることはできなかった。
それから、ここは意見が分かれるところだろうと思うけれど、発表の様子とは別に、パワーポイントで作ったスライドを配付資料としてカラー印刷したものも、評価の対象としている。これは、生徒にもそのように伝えてある。発表のビデオを見ながら、こちらも評価する。

2クラスで同じ題材を扱ったのだが、発表の雰囲気が、だいぶ違ってしまった。生徒たちは、どうしても、回りに合わせてこれくらいやればいいんだろう、という姿勢をとりがちなので、しっかりやる雰囲気になれば皆がよく取り組んでくれる。しかし、その逆になることもあるわけで。
これに対し、配付資料の出来のほうは、そんなには違ってこない。なぜなのだろうか、面白いものだ。

|

« 宇治山哲平展 | Main | SCSI機器を廃棄 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69195/9064249

Listed below are links to weblogs that reference プレゼン評価:

« 宇治山哲平展 | Main | SCSI機器を廃棄 »