« 情報処理教室の再編成 | Main | 情報処理教室の再編成(続) »

March 21, 2006

玄箱HDD交換

玄人志向の「玄箱」を使っている。
いつ買ったのか覚えていないが、このblogにそのことを書いていないはずだから、1年半以上前から使っていることになる。

家庭内で、別にNASが必要であったわけではない。ただ、これはちょっとがんばるとPowerPCのLinuxマシンになるということだったので、それがやってみたくて買ってきたのだった。
しかし、実際には、添付CDに入っているシステムを転送して使い始め、それは試運転のつもりであったのに、そのままずっと使い続けてきてしまった。

HDDは、そのときにすでに中古であって余剰になっていた、Maxtorの120GBのものを入れた。7200回転であって、うるさいし、夏は発熱が気になった。
それで、毎晩私が寝るときにシャットダウンし、朝起きたときにこれも起動させるという使い方になっていた。

そしてこの冬。毎朝寒いせいもあるのだろうが、起動時に異音がするようになってきた。ぐおんぐおん、ぶるんぶるんと盛大にうなりながら立ち上がる。HDDが寿命を迎えるのも間もないと思わせる音である。大して必要のないファイルサーバであるけれど、運用していれば、それなりにバックアップとしての役割を担ってきている。壊れては困る。

そこで、しばらく前に、交換用のHDDを買ってきておいた。Seagateの5400回転、40Gの新古品が2000円で出ていたものである。
今日、すこし時間がとれたので、やっとこれに換装した。

せっかくなので、初期の目的通り、Linuxマシンにしたいという気持ちがある。
しかし、調べてみると、Debian化するのが一番簡単にできそうなのであるが、このDebianというのは、どうもコマンドがRedHat系と少し違っているようであった。それで、尻込みする。

結局、今までと同様に、普通の玄箱になっている。
うーん、勉強にならない…。

|

« 情報処理教室の再編成 | Main | 情報処理教室の再編成(続) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69195/9214607

Listed below are links to weblogs that reference 玄箱HDD交換:

« 情報処理教室の再編成 | Main | 情報処理教室の再編成(続) »