« ThinkPad 改造 | Main | 続・異体字 »

January 31, 2006

氏名と異体字

入選作業で、受験生に渡す書類をいろいろとつくる。

その点検も、授業をつぶして全職員で行っている。質問に来ている生徒を振り切り、部活にも出ないでプリントアウトを照合する作業である。
むなしいものを感じる。私たちは、教員なのだ。

さて、ここでやっかいなのが、異体字の問題である。
異体字と言っても、「島」と「嶋」「嶌」などは、別の文字だとしてもいいかなと思う。しかし、新字体と旧字体は、それは本来、同じ文字の書き分けであったはずである。また、渡辺の「辺」に代表される、いろいろなバリエーションについては、正字をひとつふたつ基準として定めておいて、あとのものはその基準に収束させて取り扱うべきものだろう。
それを、自分の名前の文字はこう書くのだと、細かな部分にこだわるのは、私は正しくないと思う。そういうのは、文化を大切にするといったこととは違うのではないか。
日本語の書法は、字形に対してそんなに厳密なものではないはずだ。楷書、行書、草書のちがいはもちろん、印章に使われる篆書体などでは、ずいぶん字形が違う。さらに、「喜」と「七十七」を並べた文字などは、形はまったく違っているけれども、同じ文字として取り扱われてきている、という例もある。

つまり、書体による形の違いや、書き癖による違い、さらに近年における書き誤りが書類上残ってしまっているものについては、これは異体字として尊重して取り扱う必要はないと、私は考えている。

実は、私は、以下のような経験をしたことがある。
学生のとき、引っ越して住所を移したので、川崎市某区役所から書類をもらって東京都目黒区役所の出張所で住民登録した。当時、目黒区役所では、まだ住所や氏名は手書きであった。
そして、就職してから、東京都某区役所管内にに住民票を移そうと思って、また目黒区役所の出張所で書類を取った。そこに書かれていた私の氏名は、「嘉村均」とはなっておらず、「均」のつくりのぶぶんが「的」のつくりと同じになっていたのである。点が一つ少ないのであった。
私はすぐにそれに気がついたので、これは違っているから直してもらいたいと窓口に申し出た。すると驚いたことに、それは直せないというのである。それはおかしい、こんな文字はないし、また状況から言って川崎市某区役所からの書類を転記するときにここの係員が書き間違えたとしか考えられないのだから直してくれと、私は強く粘った。すると、それでは確認の上訂正しますということになり、たしか電話で川崎市側に問い合わせた上で、ありがたく職権で訂正していただけることになったのである。
私が申し出なければ、新しい文字が一つ、生み出されるところであった。

自分でこういう経験をしているので、例えば渡辺の「辺」のバリエーションなど、そんなものは明治以来のどこかの戸籍係が書き写し間違えたんですよ、と断言できる。お節介ながら、この際、もっと普通のタイプの文字に直しませんか、などと言ってみたくもなる。

そういう認識であるから、入学試験関係の書類をつくるためだけに外字を作成するなど、まったくやる気にならない。
でもまあ、合否結果通知と卒業証書くらいは、本人の申し出てきた文字で書いてあげてもいいのかなあ、ともちらっと思う。

だからさあ、入学願書を書き間違えたりするなよなあ…。

|

« ThinkPad 改造 | Main | 続・異体字 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69195/8443045

Listed below are links to weblogs that reference 氏名と異体字:

» コンピュータに無い漢字 [情報科メモ帳]
推薦の受付業務がほぼ終了した。コンピュータに入力して読み合わせの確認を行うのだが、コンピュータにない漢字が使われている受検生の名前がある。私は直接の担当ではないのでどの様に対応するのが正解なのかはっきりしたことは言えない。他の学校ではどの様に対応しているのだろうか。本校では外字ソフト「今昔文字鏡」というフォントを使っている。フォント自体はこちらで無料で公開されている。外字作成をするよりは便利なようである。 受検生に名前が印刷されるのは合格通知書ぐらいである。大切な合格通知書、自分の名前は正確な... [Read More]

Tracked on February 01, 2006 at 08:22

« ThinkPad 改造 | Main | 続・異体字 »