« テントウムシ型USBメモリ | Main | オリジナルカレンダー »

January 12, 2006

全学年でプレゼンの授業

Gさんがメインでやっている1年の情報Aであるが、3学期は、まずプレゼンテーションを取り扱う。
昨年、一昨年は、1年ではプレゼンを扱わなかったとのことなので、始めてということになる。
何を題材にしたらいいだろうかと相談を受けたので、前任の永谷高校で3年前にやってみた、100円ショップの小物をいろいろとそろえてきてそこから品物を一つ選び、売り込むプレゼンをやる、という例を紹介したら、ではそれをやりましょう、ということになった。
一方、私が担当している2・3年生の文書デザインだが、こちらも、残るはプレゼンの部分である。
2年のほうは、TTの相方Kさんの意見で、修学旅行のまとめをつくらせることになったから、それはそれでいい。
3年をどうするか。文書デザインは、本来商業科の科目であって、ビジネスの場面場面に即した表現活動をするようになっている。ならば、売り込みのプレゼンば、ふさわしいだろう。
というわけで、1,2,3年の全学年にわたって、同時進行でプレゼンの授業をすることになった。しかも、1年の情報Aと3年の文書デザインは同じ教材である。ちょっとだけ気になるが、目標もレベルも違ってくるから、構わないだろう。

帰りに、横浜西口のダイソーへ行って、生徒が興味を持ちそうな、売り込みのポイントを考えやすそうな、また写真うつりのよさそうなものを見つくろって買ってきた。21個。クラスの人数の半分くらいは品物の数がないと授業にならないだろうと考えた。永谷高の経験では、最大29人に対して15個くらいの品物で何とかなったように思う。
そして、3年のほうは授業時数がないから、そのままスライドに貼り付けて使える材料として渡してやらなくてはならない。そこで、今までかかって、買ってきた品物の写真を撮り、フォルダに整理していた。
1年の方は、また自分たちで携帯で写真を撮らせたりすることにしよう。

|

« テントウムシ型USBメモリ | Main | オリジナルカレンダー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69195/8133333

Listed below are links to weblogs that reference 全学年でプレゼンの授業:

« テントウムシ型USBメモリ | Main | オリジナルカレンダー »