« 自家発電防災ライト | Main | パスワードの桁オーバーフロー処理 »

January 24, 2006

センター試行用ICプレーヤー

センター試験が行われ、はじめてのリスニングテスト用ICプレーヤーが話題になっている。持ち帰り可能であったため、あちこちのページに紹介され、Yahoo!オークションにも多数出品されている。

私も1台欲しいと思うのだが、勤務校ではセンター試験を受けた生徒の数がすくなく、生徒から譲り受けることはあまり期待できない。
そんなことを言っていたら、試行用というか予行演習用というか、そういうものが学校に何台か来ているという話を聞いた。進路担当に聞いてみると、4台あるという。イヤホンは2つなのだそうだ。イヤホンなどどうにでもなるから、本体だけもらえないかと交渉して、1台入手することができた(もちろん情報科の教材用である)。
player1player2


タッピングねじを取り、ツメをはずして裏蓋をあける。
いかにも手作業で切った銅板が貼り付けられているが、シールドのためだろうか。

 

 

 


player4これは動作中のようす。クリックすると大きな写真になる。
すでにあちこちに書かれているように、基盤はミツミ製。

player5player6
記憶媒体はメモリースティックである。この中身については、いまはリーダーがないので読めない。


スイッチを押し続けていないと音声が再生されなかったりして、使用方法はどうもよくわからない。

|

« 自家発電防災ライト | Main | パスワードの桁オーバーフロー処理 »

Comments

こんにちは。先生もバラしてみたんですね。
写真をよく見ると、私の手元にある生徒からもらったICプレーヤーと基盤が違います。

コストの高い両面基盤を小さくしたようにも見えますね。

先生のは本体とメモリースティックに2004と書かれていますね。私のは2006と書かれています。この間に内部の構成が変わったのでしょうね。

Posted by: 佐藤 義弘 | January 25, 2006 at 00:47

こんにちは。見比べてみました。なるほど、本番で使われたもののほうが、基板が小さいですね。回路パターンを見直すことでコスト削減したのでしょうけれど、それが高い事故率と関係があったりしたら、いやですねえ。

Posted by: aromatic Kam | January 25, 2006 at 07:45

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69195/8324648

Listed below are links to weblogs that reference センター試行用ICプレーヤー:

« 自家発電防災ライト | Main | パスワードの桁オーバーフロー処理 »