« パスワードの桁オーバーフロー処理 | Main | ThinkPad 改造 »

January 26, 2006

Aspirin 100

今日は前期入試の面接、1日目である。

入選委員データ入力担当の私は、面接担当にあたっていない。今日ばかりは、入選委員以外の人たちよりも、すこし気楽である。

しかし、どうしたわけか、今日は心身ともに不調であった。

とりあえず頭痛を何とかするために、アスピリンを入手。いつものバイエルアスピリンをと思ったのだが、ちょっと様子が違う。

aspirin

左が、見慣れたバイエルアスピリン錠。右が、今日のものである。

そう、小さいのである。

アスピリンの服用量は、1回あたり500mg。左のものは、1錠で500mg、つまり1回1錠である。右のものは、1錠100mg。だから、1回に5錠を飲まなくてはならない。

ただ、私は、頭痛の程度に応じて、500mgの錠剤を指先で割って飲むことにしている。普通の頭痛だったら1錠の半分程度、それで直らなかったら、さらに残りの半分、という具合である。最初から500mgを飲むことはまずない。

だから、このような小さな錠剤は、私にとってはむしろ好都合である。今日は、2錠を飲み、入選作業を続けた。

ところで、低用量アスピリンといえば、心筋梗塞などの予防になるということが言われている。ネットで検索してみると、まさに、このアスピリン100mg錠はそのために使われる製剤のようである。

しかし、そのことは、添付説明書には書かれていない。医家向けでない、ドラッグストアで買える形態の製品としては、小さくて飲みやすいということだけが特徴ということにして売ることになるのかも知れない。

|

« パスワードの桁オーバーフロー処理 | Main | ThinkPad 改造 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Aspirin 100:

« パスワードの桁オーバーフロー処理 | Main | ThinkPad 改造 »