« 第三情報処理教室 | Main | 2.4GHz帯ワイヤレスマウス »

December 19, 2005

Win2000 SP4 ロールアップ1のバグ

職員室に隣接した印刷室の一隅に、PC作業コーナーが設けられている。そこにはPC6台とプリンタ2台などがあって、学期末のテスト作成から成績処理にあたる時期などは、いつも盛況である。

このところ、ここで作業をしている教員から、ときどき不具合が報告されるようになっていた。作業をして、ファイルをフロッピーに保存しようとしたら、フリーズした、ということであった。
はじめのうちは、このごろのフロッピーは品質が悪いからだろうとか、あるいは、面と向かっては言わないけれど、あなたが妙な操作をしたのでしょう、くらいに思っていた。そのうちに、不具合の起こるマシンが特定されてきたので、このマシンのFDDが調子が悪くなってきたのだろう、こんな薄型ドライブできゃしゃなのに、みんなよく使うから、などと考えていた。
それにしても、不具合を起こすマシンが決まっているのはわかるとして、それに悩まされる職員もほぼ特定の人であるというのは不思議であった。

昨日、また秋葉原へ行って、ノート機から外したと思われる薄型FDDのジャンク品を1台買ってきた。こんどは、ミツミの1.44Mである。これを、問題を起こすマシンのFDDと入れ替えてみた。
テストしてみると、私のフロッピーにたまたま入っていたWordの文書ファイルを読み込んで編集することは普通にできたのだが、それをフロッピーに直接上書き保存しようとしたら、やはり、フリーズした。FDD交換前と変わらなかった。しかし、同じファイルを一太郎で読み込んで編集した後は、問題なくフロッピーに書き込むことができた。

…これは、OSかOfficeのバグだ。

とりあえず、問題を起こすマシンに付箋紙で注意書きを付けたりしておいてから、Gさんに、これこれこういうわけで、と報告した。
そうしたら、彼は、その話は聞いたことがある、ネット上のニュースに出ていたというのである。そして、すぐに、以下のページを見つけ出した。

http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;904130&sd=rss&spid=1743

たしかに、夏休みの終わり頃だったか、Windows2000のマシンにロールアップパッチを当てた。問題を起こすマシンは、この、2000のマシンだったのだ。WinXPのマシンでは、そういうことはなかった。
そして、不具合に見舞われるのは、文書作成に一太郎ではなくWordをつかっていて、かつ、文書の保存にフロッピーを使う人であった。

Windows 2000 SP4 のマシンは印刷室に3台くらいあったはず。Gさんが、さっと修正パッチをあててくれた。夕方、コーナーがすいてから実験してみたら、ちゃんと、Wordの文書ファイルをフロッピーに直接保存することができた。
めでたし、めでたし。だが、またFDDが1台、余ってしまった。

|

« 第三情報処理教室 | Main | 2.4GHz帯ワイヤレスマウス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69195/7700447

Listed below are links to weblogs that reference Win2000 SP4 ロールアップ1のバグ:

« 第三情報処理教室 | Main | 2.4GHz帯ワイヤレスマウス »