« 生徒用固定プロファイル | Main | 授業ネタ ポスター作成 »

November 16, 2005

生徒用固定プロファイル(続)

前日の続きとなる。

勤務校の情報処理教室にかかわって、業者さんにコンサルティングをお願いしている。PCが買い取り制であったので、リースならば付帯してくる維持管理契約に見合う措置がなされている形である。
その業者さんが、プロファイルをいろいろと活用しての、生徒用クライアント機の管理の仕方を教えてくれる。固定プロファイルの作り方、変更の仕方も、その一環であった。

生徒は、個別のユーザIDでWindowsのドメインにログオンする(ああ、書いていて気持ち悪いなあ。ドメインなんていう重要な用語を勝手に再定義するなよなあ > MS社)。そのとき、プロファイルは固定になっていて、かつ、どの生徒用IDであっても、生徒用の共通のプロファイルを読み込むよう、アカウントが作成されている。そのアカウントは、サーバの、特定のフォルダに置かれている。全員共通で、一つだけ。

変更するとき。
生徒機で、生徒用のIDでログオンする。必要な変更をする。そして、ログオフする。
サーバで、生徒共通のプロファイルの置き場を書いてある一行を削除し、「適用」する。
もとの生徒機で、ローカルのアドミニ権限で、ローカルにログオンする。「マイコンピュータ」を右クリック、プロパティ、詳細、と進んで、ローカルにキャッシュされているプロファイルの一覧を表示させる。その中で、生徒用のものがある。これはキャッシュであって、次にログオンすると、固定であるからサーバにあるものが読み込まれてなくなってしまうのであるが、今はまだ残っていて、先ほどの変更が記録されている。これを、サーバの、本来このプロファイルが置かれている場所にコピーする。そして、このファイルを読み込むことのできる者として、「Users」なりを書き、そういうユーザグループが確かにあるということを、認証してやる。これをやらないと、生徒がログインしたときに、プロファイルを読み込めなくなって、何もできなくなる。
この操作ができるように、サーバ側で、ファイルに対する権限を設定しておかなくてはならない。
サーバで、生徒共通のプロファイルの置き場を書いている一行を、復活する。Ctrl-Vでいく。

以上の操作で、次に生徒用IDでログオンすると、変更されたプロファイルが読み込まれる。

ただし、これでやると、終了時のダイアログボックス内のオプションが、「シャットダウン」でなく「○○のログオフ」になってしまう。これについては、再度直す必要がある。.manと.datの書き直しで対応している。


|

« 生徒用固定プロファイル | Main | 授業ネタ ポスター作成 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69195/7157496

Listed below are links to weblogs that reference 生徒用固定プロファイル(続):

« 生徒用固定プロファイル | Main | 授業ネタ ポスター作成 »