« 入試科目(続) | Main | 学期末前夜 »

November 30, 2005

今日の授業にて

ギャル文字その後

1校時、1年6組。
このクラスは、少し時間に余裕がある。Gさんに頼んで、授業開始直後に時間をもらい、半角カナや機種依存文字をつかってはいけない理由を話した。
このクラスに限らず、一般に、話だけではこちらの伝えたいことが彼らの心には届かない。そこで、こちらのサイトの画面を表示させてみた。
生徒たちは、リンゴや旗を背景として、かわいい機種依存文字が表示されている画面を興味深そうに見ている。 そして、
「マル1と書いたつもりなのに、Macintoshの人には、(日)と見えてしまう、それじゃいやでしょ。」
などと説明すると、なるほどそうだと納得していた様子であった。
話を終わり、では制作に入りましょうと言うと、自分の書いたHTMLから一生懸命に半角カナを探し出して直している者もいる。

想像力がない、などと愚痴を言っていないで、提示する方法をちょっと考えてやれば、伝わるものだ。
少し反省させられた。

プロジェクタで操作手順を投影

午後は2年の文書デザイン、2時間連続。 今日の課題は、Windows MovieMaker でビデオクリップの編集である。私が撮ってきた校内風景のビデオクリップ、ロイヤリティフリーの音素材を組み合わせ、タイトルなども付けて1~2分のムービーをつくる。配当は今日の2時間だけである。

このクラスは、操作説明をするのが難しい。じっと話を聞いていることができない者が多く、生徒各自のPCの画面に操作手順を転送するのでは、見てもらえない。効果がないのである。
そこで今日は、やり方を変えてみた。私語を防ぐ意味もあって、座席を1つおきに指定してあるので、空きがある。そのうちの中央近くにある1台に私が陣取り、その画面をプロジェクタに送って、教室の長辺中央あたりに設置したスクリーンに投影した。見ようと努力してもらうことはなかなか望めないから、どこからでも見やすい位置に操作画面を提示しなくてはならない。そして、私のやるとおりに操作するように、と指示して、ついてこさせた。
あとで、TTの相方のNさんに聞いてみたら、生徒たちは、ほとんど全員が、投影された操作画面を見ながら自分でもやっていたそうである。

この時間でも、ああやってだめならこうやってやろうと工夫すれば、効果があるものだ、と認識を新たにした。

|

« 入試科目(続) | Main | 学期末前夜 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69195/7402571

Listed below are links to weblogs that reference 今日の授業にて:

« 入試科目(続) | Main | 学期末前夜 »