« Incantation "The Meeting" | Main | 私もパソコンショップへ »

October 13, 2005

階層ディレクトリ構造

階層ディレクトリ構造も、生徒にとって、なかなか理解しにくいことがらのようである。

いや、そんなに偉そうなことは言えない。私自身、90年頃だったけれど、MS-DOSのコマンドプロンプトでの「.」とか「..」という表示に納得のいかない思いを抱きながら、村瀬の三部作で勉強して、やっと分かったクチである。
それでも、ああこういうことなのか、と分かってしまえば、それからはハードディスク内をあちこちスムーズに移動してはファイル操作をすることができた。

そういえば、フリーの名ファイラー「FD」には大変お世話になった。ネット上の情報によると、FD作者の出射さんが、昨年秋に亡くなっていたのだそうだ。お顔も存じ上げないけれど、感謝の気持ちを込めて、祈ろうと思う。
それが、現今の大容量HDD、またネットワーク環境において、階層ディレクトリ構造を理解することはますます重要になっているはずであるにも関わらず、一般ユーザーの理解は進んでいない様子である。まして、生徒たちの理解状況には、厳しいものがある。

どうしてなのだろう。
私には、Windowsが(Microsoftが)、むしろ意図的に理解を妨げていることが大きいのではないか、とも思われる。

  1. Explorerの画面に、ファイルなどと並んで、「このディレクトリ」「親ディレクトリ」が表示されるべきなのに、それをしない。親ディレクトリに移動するには、「上へ」アイコンをクリックしなくてはならない。
  2. 「フォルダ」概念の導入。完全にディレクトリと等価であって、親しみやすいような名前とアイコンを使うために言い換えるのなら良い。しかし、実際には、ファイルと行動を共にしたりする不可解なフォルダが存在する。こういうものは、ディレクトリ概念の理解を大きく阻害する。
  3. 少し関係が薄くなるが、「登録された拡張子を表示しない」がデフォルトになっている。これも、ファイルの種類などは気にせず、Windowsの判断に任せろ、ということなのだろう。ファイルやディレクトリの理解をしなくてはPCをちゃんと使えないのに、そこそこ使えるような気にさせてくれてしまう。
Web Pageの背景用に、小さな画像をいくつかフォルダに入れた状態で生徒個々のデータフォルダに配った。そこから、ファイルを選んで index.htmlと同じ階層にコピーしなくてはならないのだが、生徒たちは、ここのところがとても理解しにくい様子で、苦労していた。
だいたい、画像ファイルばかりのフォルダに入ると、表示形式が勝手に変わる。これでは、どこにいても、自分のいるところがカレントディレクトリである、といったことを理解することは難しいだろう。

理解力の問題もある。しかし、Windowsの設計というか思想も、親切なようでいて、実は非常によろしくないものだと思う。

|

« Incantation "The Meeting" | Main | 私もパソコンショップへ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69195/6386136

Listed below are links to weblogs that reference 階層ディレクトリ構造:

« Incantation "The Meeting" | Main | 私もパソコンショップへ »