« 同一アカウントでの二重ログインを拒否するには | Main | ギュスターヴ・モロー展 »

September 20, 2005

デジタル教材作成 ハードウェア班

学校は、文化祭の代休である。

しかし、私は今日については勤務の割り振り変更をしなかったので、出勤日となる。通常どおり出勤し、情報教室にこもって、普段ゆっくりできない設定変更などを行った。

午後は、横浜清陵総合高校で、情報部会教材開発委員会A班(ハードウェア)の打ち合わせ。何とか4人がそろった。

ところで、このプロジェクトも、立ち上がってから2ヶ月ほど活動してきているわけだが、ここへきて、すでに世の中に以下のようなすぐれた蓄積があることがわかった。いや、それを知っているメンバーはいたのだが、少なくとも私は知らなかった。

「情報機器と情報社会のしくみ」開発委員会作成のページ
IBMのしくみライブラリー

こういうものを越えるコンテンツを作るというのは、ちょっと、無理である。どうしようか。

しかし、全体会で、およその設計については合意されている。わかりやすい写真やアニメーションによる教材資料だけでなく、指導案、プレゼン資料、ワークシートなどをパッケージにして、共通の色づかい、共通のメニュー構造で、生徒の自習用にも教員の授業立案進行用にも使えるものをつくろう、ということであった。
だから、これらのすばらしい写真や動画にびっくりしていないで、指導案やワークシートのことも考えながら作っていきましょう、と、気を取り直した。

私の分担は、記憶装置、関連して磁気ドライブ、演算・制御装置。ということになった。これをもとにして、共通の色づかい・共通の画面サイズに作り直していくことと、この領域の、その他の資料をつくっていくことが、当面の作業になる。

|

« 同一アカウントでの二重ログインを拒否するには | Main | ギュスターヴ・モロー展 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69195/6055160

Listed below are links to weblogs that reference デジタル教材作成 ハードウェア班:

« 同一アカウントでの二重ログインを拒否するには | Main | ギュスターヴ・モロー展 »