« 生徒用新PC | Main | メモリ増設 »

August 18, 2005

HDDイメージのコピー

40台のほうの情報教室であるが、数年間の使用で、生徒機の設定がまちまちになってしまっていた。
今回、マシンは入れ替えないものの、HDDの中身だけは新しいものにして、かつ、環境をそろえることになった。

このような場合、まず、1台だけに、OSやアプリを入れて、環境を整える。そして、Symantec Ghost をつかって、ネットワーク経由で一斉に子機にイメージを配信してクローンをつくり、あと、適当に書き換えを行う、という方法が一般的である。
しかし、今回、勤務校に来ている業者さんは、Ghostはあまり良くないと言う。ではどうするのかというと、Acronis True Image が良いから、これでやる、とのことである。

Norton Ghost は私も持っていて、使っている。これは、FDDから起動し直す必要があるのだが、OSはDOSである(たしかMS-DOSではない)。
これに対し、Acronis True Image は、CDブートで起動させる。OSは、Linuxなのだそうだ。ただ、Linuxのどのディストリビューションなのか、業者さんも、それは知らないという。
ネットワーク上に置いてあるHDDイメージを取ってきてローカルのHDDに展開するのは、Ghostと同じ。ただし、Ghostが素っ気ない画面での作業になるのに対し、こちらはCDブートなので、いろいろな資源を使えるのだろう。作業中の画面は、なかなかきれいである。

いつも巡回しているみなさんのところでも、Ghostの話題が出ている。長期休業中は、同じような作業をすることになるようだ。

|

« 生徒用新PC | Main | メモリ増設 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69195/5532069

Listed below are links to weblogs that reference HDDイメージのコピー:

» Ghostサーバからイメージを戻す方法(追加) [情報科メモ帳]
Ghostサーバからイメージを戻すときのメモをもう一つ。 Multicast DirectBroadcast Unicast の3つの違いをメモすると、マルチキャストは同じセグメントの中にあるPCに対して高速に配信が可能になる。DirectBroadcastは1対1でイメージを戻すもの(イメージの吸い上げに利用?)そして、最後のUnicastはセグメントが違っていてもイメージを戻すことが出来るが、配信には時間がかかる。 本校の場合サーバは3のセグメントに、クライアントは4のセグメントにある... [Read More]

Tracked on August 19, 2005 at 14:55

« 生徒用新PC | Main | メモリ増設 »