« ダイコンの花 | Main | ワープロ検定 »

June 27, 2005

評価基準

文書デザインの3年生のクラスに、1学期の成績のつけかたを説明した。

要素は4つ。

(1) 出席状況
(2) タイピングのトレーニング
(3) 作品
(4) ペーパーテスト

(2) には、「美佳のタイプトレーナー」で記録されている、練習時間とスコア、また、このところずっと取り組んでいる、ワープロ検定模擬問題の速度編のスコアとその伸び具合が入る。
(3)には、メールによる広告「カタクレーゼ5月号」の評価と、ワープロ検定模擬問題文書作成編の取り組み具合が入る。
(4) のペーパーテストは、今までに配った授業テキスト22ページ分から、コンピュータの基本的な扱い、電子メール、ワープロソフトの使い方を出題する。

このように説明した。生徒からは、とくに質問や異論は出なかった。
TTを組んでいる同僚3人と相談し、重みづけをしようと思う。

|

« ダイコンの花 | Main | ワープロ検定 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69195/4735933

Listed below are links to weblogs that reference 評価基準:

« ダイコンの花 | Main | ワープロ検定 »