« 第4回研究会会場下見 | Main | 文書管理補助システム »

June 06, 2005

情報化推進担当者セミナー

昨晩から発熱。今日は休んだ。
医者に行ったところ、「ウィルス性の腸炎ということでいいでしょう」とのこと。
薬をもらって飲んでいる。熱は下がったが、腹具合はまだだめだ。
今日は、授業ももちろんだが、中学校訪問がまだあった。申し訳なく思う。

ずっとやっている仕事は、今週と来週の2回、総合教育センターで話をすることになっているので、その中身づくり。昨年度のコーディネータ養成講座を受けてのものであるので、あのときの発表資料をいじくったり、今回与えられた協議用書式に記入したりしている。

6月9日用の書式に、「情報化を推進する上での課題について」という欄がある。こういうのは、書いていると、どんどん先鋭的になってくる。

・職員側の問題
  1. 文書などのファイルが個人持ちになりやすい。
    何かというと「フロッピーで」という発想。
    教材はともかく、分掌学年の業務文書は共有資産であるという認識がうすい。
    だれが持っているか、どこにあるかがわからない。それぞれが勝手なフォーマットで作っている。
     → データの蓄積・共有・仕事の効率化が進まない。
  2. セキュリティ意識の遅れ。
  3. 「自分はコンピュータはわからないから」で通そうとする姿勢。
・管理職の問題
 問題の所在を理解できず、現場職員からの要望を行政に反映させるべく具申しなければという意識がうすいこと。

・行政側の問題
業務用機器、個人情報の問題。職員が私物PCで生徒の個人情報を扱わざるを得ないのは、業務用PCが配布されないから。個人情報を持ち帰る職員が絶えないのは、職場が多忙すぎて、持ち帰り仕事を行わざるを得ないから。現場のニーズを聞き、それに即した施策を。

このままの形で、配布できるかどうか。
当日、私の前に話をするのは、昨年の今頃だったか、組合で「教育委員会ネットワーク」に関わる個人情報の扱いについて、県と交渉のテーブルを持ったとき、向こう側に座っていた人である。

|

« 第4回研究会会場下見 | Main | 文書管理補助システム »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69195/4442418

Listed below are links to weblogs that reference 情報化推進担当者セミナー:

« 第4回研究会会場下見 | Main | 文書管理補助システム »