« 一太郎 ATOK 固定profile | Main | 情報部会第一回研究会 »

May 15, 2005

弓道部インターハイ予選

弓道部の公式戦、女子。インターハイ県予選。厚木の高校まで行く。
県内で、弓道の公式戦ができる場所は、高校ではここだけである。県立でありながら、基準を超えるこういう施設があるのも、創立100年を迎える元女子校であればこそであろう。ここと対になっている元旧制中学の高校には、たしか体育館が二つあったはずだ。

今日は、5人の団体戦である。しかし、勤務校のチームは、2・3年生合わせて4人だけの出場である。1年生が6人来ているが、彼女らは出ない。4人で、他の学校の5人のチームと競わなくてはならない。
生徒たちはよくがんばった。一回戦はぎりぎりで通過したのだが、二回戦は4人で16射中、9中という成績であった。一、二回戦合計で14中。10位のチームまでが次の日程に進むことができ、それは18中というラインであったのだが、さすがに4人では、それは厳しかった。

弓道というのは、結果が一瞬で出る競技である。それを受け入れなくてはならない。「型」を重んじる世界であって、道場内では所作が厳しく律せられているのだが、道場を出るやいなや、待っていた友人を相手に泣き崩れる選手が珍しくない。

弓道をする生徒たちは、おおむね、きちんとしている。挨拶ができ、人の話が聞ける。身だしなみも整っている。
そういったことが身に付いていないと、こういう「型」の世界にいることなんかできないだろう。
私自身は、およそスポーツに縁がないのだが、こういう場所で一日過ごせば、それなりに感じるものはある。生徒を集め、短い話をして、解散した。

疲れたけれども、すがすがしかった。

|

« 一太郎 ATOK 固定profile | Main | 情報部会第一回研究会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69195/49825651

Listed below are links to weblogs that reference 弓道部インターハイ予選:

« 一太郎 ATOK 固定profile | Main | 情報部会第一回研究会 »