« 携帯電話とPCの連携 | Main | おサイフケータイで買い物 »

April 05, 2005

生徒用アカウント作成

4月5日、生徒が登校して学校が動き出した。

始業式、入学式会場設営、新学年会議と終わったら3時であった。それからPC室にこもって、新年度の仕込み、生徒用アカウント作成の続きを行った。
この仕事は、3月30日の記事に書いていたもので、とりあえず自分がメインで担当する授業の生徒分だけ、アカウントをつくろうという作業である。Windows2003 Serverで、「文書A」というOUをつくり、その中に生徒名のアカウントを1つずつ手作業でつくっていく。そして、適当なフォルダをつくってその中に各生徒名のフォルダを作り、それがZドライブとして使えるように設定する。生徒名のフォルダを作るところなど、GUIでマウスポチポチはやっていられないから、コマンドプロンプト(今はDOS窓って言わないのだろうか)でキーボードからコマンドを打っていく。そして、今度は生徒機の前に座り、作成したアカウントでログオンしては、プリンタを使えるように設定する。これが一番時間がかかった。

試行錯誤する時間を含めてだが、20人分のアカウントを設定するのに3時間というのは、いかにも時間の浪費である。途中で、コンサルタントをお願いしている業者の方が見えたので、相談しながらやり方を考えて、それでこの時間なのである。
「80人、手作業でやるんですか、それは、限界ですよ。」
と言われたが、まさしくそんな感じであった。

これを効率よく行う方法は、当然あって、例えばMicrosoftではここにあるようなツールを提供している。また、勤務校に来ている業者の人は、そのMicrosoft謹製ツールではなく、Excelのデータからバッチファイルを作って一括で作業する方法が良い、と勧めている。

ただ、今の私は、サーバの使い方をしっかり身につけたいので、少々の面倒は、買ってでも味わいたいと思う。とりあえず、生徒20名分のアカウントは作って、生徒それぞれがファイルをサーバに保存し、印刷ができるところまでは設定できた。あと60名分、非効率な力わざで、やってしまおう。
そのあとで、要領の良い方法があれば、それも、いじってみたい。
そして、メールアカウントの設定。これはNetShakerに作るつもりである。前任校でいじったことがあるから、これは、できるだろう。

なお、この記事は、Microsoftのツールを紹介して下さった、武蔵村山高校の福原先生のblogにトラックバックさせていただいている。
(昨日はお世話になりました)

|

« 携帯電話とPCの連携 | Main | おサイフケータイで買い物 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69195/3581348

Listed below are links to weblogs that reference 生徒用アカウント作成:

« 携帯電話とPCの連携 | Main | おサイフケータイで買い物 »