« きれいにFax出力したい | Main | ネット委教育委合同反省会 »

March 05, 2005

ニフティ「パソコン通信」終わり間近

ニフティのパソコン通信サービスのうち、「フォーラム」が3月いっぱいで終了する。メールについてはもう少し残るようだが、いずれにしろ、国内での大手商用パソコン通信サービスが、まもなく終了することになる。

私がニフティサーブに入った頃、通信といえばパソコン通信であった。インターネットの商用接続サービスは、始まったかどうか、という段階で、一般的ではなかった。

いま、残っていたフォーラムも、どんどんWebに移行したり閉鎖したりしている。私が関わっている「化学の広場」は3年前にすでにWebに移行し、なんとか取りつぶされずに残っているが、こういうフォーラムはそんなに多くはないようだ。
私のところの接続環境も、以前とは違っている。もはや、モデムで電話回線を使って…という形ではない。telnet接続のアドレスにつなぐ。通信ソフトはずっと秀タームEvolutionだが、その「電話をかける」メニューからtelnet接続するようになって、もう何年かたっている。以前のように、電話代や接続料金を気にして短時間で巡回を、ということは考えなくていいのだが、巡回する対象が減ってしまっている。あっという間に、「off」コマンドを打っている。

このような接続形式を「TTY」と呼んでいるが、これが「TeleTYpe」の略であることを知ったのは、割と最近のことだった。テレタイプ、つまり、こちらの機械はまったくの端末であり、センターのコンピュータにぶら下がって動作しているということだ。もちろん、それは概念的なもので、実際には通信ソフトが端末をエミュレーションしているわけだけれども。

このような形式で実際につかわれているシステムが消滅することは、何というのか、世の中のいろいろなものが何でもブラックボックスになっていって本質が見えなくなっていっている、その例をまた一つ積みあげてしまうという意味で、教育的でないなあ、と感じる。
例えば放送を受信するのでも、バリコンを回した経験があれば、のちにLC回路を習ったときに、ああなるほど、と理解できるものだ。それを、ただボタンをピッと押してシンセサイザーチューナーに任せているのでは、受信機はどうやって特定の周波数の電磁波をつかまえているのかを理解して面白く思うという経験は、一生得られないかもしれない。
あるいは、NTTが加入電話のパルス回線契約を廃止する日が来たとしたら。トーン回線の発信音を聞いても、電話の仕組みに思いを巡らすことは難しいだろう。

どんどん、ものごとがこうなっていく。人間が、ちょっと注意力を働かせれば理解できた、生活を支える仕組みが、遠のいていく。

何を、パソコン通信が終わるからって大げさな。そうなのだけれど、大きな流れにそって起こっていく、一つの出来事に立ち会っているな、という気はするのである。

|

« きれいにFax出力したい | Main | ネット委教育委合同反省会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69195/3187015

Listed below are links to weblogs that reference ニフティ「パソコン通信」終わり間近:

« きれいにFax出力したい | Main | ネット委教育委合同反省会 »