« 見ていない手品のタネ明かし | Main | きれいにFax出力したい »

March 03, 2005

都高情研へおじゃま

今日は、都立立川高校で行われた、都高情研情報活用部会研究会に、神奈川から4人でおじゃましてきた。
私以外の3人は、いずれも大物またはスターである。十分に、神奈川の面目をほどこしてきた。

私は神奈川の教員をずっとやってきて、その組織体系がしみついている。
神奈川では、各高校単位で、教科研究会に原則全教員が加盟する(工業だけ別組織)。公立私立問わずである。そして、各教員は、教科ごとに分かれている部会に1つ所属する。
その組織がどうなっているかというと、例えば理科部会では、部会長1人に、副部会長が4人いる。それぞれ、物理・化学・生物・地学の代表である。その4つのパートそれぞれに、学力テスト委員会・実験実習委員会・研修委員会などの委員会があって、活動している。
情報部会はあとからできたが、先発の部会に習ってのことだろう、情報教育委員会・情報技術委員会・情報ネットワーク委員会と3つの委員会を持ち、それぞれに委員長がいる。また、3委員会出身の副部会長がそれぞれいて、部会長が1人いる。と、こういう形だ。
だから、「部会」というと、それは教科単位の集まりであると、常識として、受け取ってしまう。

そのつもりで、東京都におじゃますると、面食らうことが多くある。
都高情研のなかにある、「情報活用部会」「情報科学部会」「情報社会部会」というのは、こちらで言うと、委員会のレベルに相当するようだ。そして、今日の集まりは「第5回情報活用部会」というものだったけれど、これは、こちらの「第○回情報ネットワーク委員会」に相当する、ということになる。
そうすると、今日は、東京の会議に神奈川から出させていただいて、具体的に来年度の研究会の内容を詰めるのだな、と思っていたら、どうもそういう風でもない。各出席者が提起する課題に対して、みなでコメントする形で話し合っていくスタイルであった。何らかの企画について形を作るのは、もう1段階小さいサイズのチームで行っているのだろうか。

しかし、これはこれで。今日は、別の部会からの参加者もあって、特にオブザーバーというようすでもなく発言していらっしゃったし、出版社の方も見えているし、都立大の生田茂先生も顧問格でおいでになってる。オープンな、良い雰囲気であった。

組織のあり方だけでなく、話の中身も面白くて、とてもためになった半日だった。
このあとの、夜の部の反省会にも、ぜひ行きたかった。でも、まだインフルエンザウィルスをまき散らしているおそれがあるし、体力は回復していないし、雪が降るという話だし、娘のひな祭りのご飯を一緒に、…。
残念だったが、立川駅でお茶を飲んで、今日は帰ってきた。

|

« 見ていない手品のタネ明かし | Main | きれいにFax出力したい »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69195/3159442

Listed below are links to weblogs that reference 都高情研へおじゃま:

» 都高情研の会議に出席 [情報科メモ帳]
今日は立川高校での都高情研「情報活用部会」に出席させていただいた。午前中は休暇をもらい、午後から直接立川高校に行くことにした。 立川駅で佐藤先生から携帯に電話... [Read More]

Tracked on March 04, 2005 at 12:03

« 見ていない手品のタネ明かし | Main | きれいにFax出力したい »