« タイトルの由来 | Main | 「ドメイン」への参加 »

February 17, 2005

ドメイン名、名前解決

本日2本め。

職員室に隣接する印刷室内のコンピュータは、教育委員会ネットワークに参加するように設定した。
これらのマシンを統括するために、サーバが支給されている。Gさんが、これをちゃんと設定して、学校のドメインに印刷室のマシンを参加させようと言うので、一緒にやってみている。
ところが、よくわからない。印刷室のコンピュータを、全部同じ固定プロファイルで管理して、教員が勝手に設定を変えたりデスクトップに何か置きっぱなしにしても、リブートすれば元に戻るようにしたいのだが、これがどうも、よくわからない。固定プロファイルで管理する以前の段階で、各マシンをドメインにきれいに参加させることができないのである。

私は私で、印刷室のマシンからファイルサーバを使うのに、直接IPアドレスを叩くのではなく名前解決して参照するように設定しようとしている。これもまた、なかなかうまくいかない。Windowsのサーバがネームサーバとしての働きもしているのだが、印刷室のマシンでは、名前解決がなかなかできなかった。Gさんに相談すると、ウィルスバスターで信頼するコンピュータにサーバを入れないといけないと言われた。そうしないと、名前解決のパケットを受け取らないのだという。へええ、そんな風になってるのか。言われるとおりに設定したら、ちゃんと、\\samba-server で、ファイルサーバが見えた。
しかし、見えるけれど、うまくドメインに参加できていない。「不明」ネットワークにぶら下がっているように見える。

どうしてこんなに面倒くさいんだろう。Linuxマシンにネームサーバやらせれば、BINDの設定ファイルをちょこっと書くだけで動くのに。
勝手な用語を使い、設定はわかりにくく、挙動は不思議で、それでいて高価である。こんなWindowsサーバが広く使われている。そして、財政難の神奈川県から県立高校に支給されてくる。ジョークのようである。

|

« タイトルの由来 | Main | 「ドメイン」への参加 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69195/2974317

Listed below are links to weblogs that reference ドメイン名、名前解決:

« タイトルの由来 | Main | 「ドメイン」への参加 »