« ダイヤルアップ接続 | Main | スタイルシートを使う »

January 03, 2005

ドライブ番号・階層ディレクトリ構造

ところで、霜などの写真を撮るのには、妻のデジカメを借りて使っている。私のノートPCにデータを移すには、コンパクトフラッシュを取り出し、アダプタをつけてPCカードスロットに差し込んで行っている。
エクスプローラで見てみると、このメディアには、デジカメが自動的に作成するフォルダのほかに、「MYHOME」というフォルダがある。その中には、「DIGICOL」というフォルダがあり、さらにその中に、「2004クリスマス」といったフォルダがあって、それぞれに画像ファイルが入っている。
ああ、また、やってしまっている。
妻は、ジャストホームという統合型のソフトを使っていて、デジカメの画像管理もそれでやっている。画像ファイルは、以前つないでいた、外付けのHDDに保存するように設定していた。ところで最近、PC本体のHDDを大きなものに換装し、外付けHDDをとりはずした(作業はもちろん私が行った)。画像管理ソフトは、以前の外付けHDDのドライブ番号のドライブにフォルダをつくって画像を保存しようとするのだが、今はそのドライブ番号は、差し込んだコンパクトフラッシュのドライブに割り当てられるようになっている。そうすると、コンパクトフラッシュの、デジカメがつくったフォルダから、同じCFの、画像管理ソフトがつくったフォルダへ画像ファイルが転送されることになってしまう。それでも、画像管理ソフトからは、ちゃんと画像ファイルが登録されているように見えているわけだ。
実は、妻は、ドライブ番号とか、階層ディレクトリ構造を理解していない。
「どのドライブからどのドライブへコピーしたの」
と聞いてみても、画像管理ソフト上のツリーであれこれ言うばかりである。そこに表示されている構造と、実体としてのHDDやCFとが結びついていないようだ。

私などは、MS-DOSを使うために、村瀬の三部作などで勉強したクチであるから、ドライブ番号だとか、階層ディレクトリ構造などは、PCを使う上で必須の基礎知識であると思っている。しかし、今時のユーザは、妻のように、そんなこと知らなくても一通りPCを使えてしまう。いや、むしろ、私のように中途半端に知っていると、Windowsがつくる、ディレクトリと必ずしも対応していない妙なフォルダに戸惑ったり憤ったりするから、知らない方が幸せなのかもしれない。

先日の町田高校での研究会で、あれは誰だったか、
「指定された正しいフォルダにファイルを保存できることは最低限必要だ」
と言っていて、ほかの人たちも賛同していた。私も、そう思う。そう思うが、今やPCはネットワークにつないで使うのが常識であって、エクスプローラで見ると、ネットワーク上のドライブがたくさん見えたりするのが普通になっている。そうすると、「正しいフォルダ」と言っても、どれくらいの知識レベルを生徒に要求するのか、難しいところだとも思う。メーカー製PCを買ってきて、プリインストールされたアプリを使えればいい、というレベルだったら、ドライブ番号もディレクトリも、知らなくたって何とかなるだろう。そう考えると、提出物の整理のために、ネットワーク上の正しいディレクトリにファイルを提出することを要求するのは、必要な知識・技能の範囲なのか?とも思える。

でもまあ、知っている方がいいし、使える方がいい、それは間違いないところなのだが。

|

« ダイヤルアップ接続 | Main | スタイルシートを使う »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69195/2459200

Listed below are links to weblogs that reference ドライブ番号・階層ディレクトリ構造:

« ダイヤルアップ接続 | Main | スタイルシートを使う »